LYNX Goaltender Diary

土曜日, 12月 04, 2004

KATSU、カルガリーに行く

今日俺はカルガリーにLYNXの#19と一緒に行ってきた。この男、LYNXの点取り屋で、一回攻めると点を取るまでひかない感じすら醸し出す程の根っからのOFだ。



Originally uploaded by Katsu.

ゴーリーの俺にとってはなかなか厄介な相手である。しかし、この男、リンクの上では暴れまわる姿からは想像できない位よく寝る。いったい何時間寝れば気が済むのかというくらい寝る。どうやら最近この男夜行性になりつつある。今日も昼ごろLethbridgeを出て、カルガリーまでの道中は何とか起きてはいたものの、帰りはどうやら耐えられなくなったらしく、途中のガススタで1回目を覚ますものの、また寝る。結局、帰りはカルガリーとLethbridge間の1時間半を有意義な睡眠時間とした。俺も朝が早かったせいか眠くなったのだが、助手席の男は寝てるので、しかたなく「19」の曲を一人で熱唱する。まあそれでも起きないこの男はなかなか兵だ。俺の歌唱力といったらそりゃーもー、そうそう人様には聞かせられないほどだというのに・・・。

カルガリーで何を買ってきたのかというと、写真にもあるようにゲージと呼ばれるもの。ヘルメットの顔の部分に付ける網のようなもの。このゲージ、その名を「キャットアイ」といい、女3人組の怪盗だ。それは「キャッツアイ」、残念!!冗談は置いといて、見てのまんまなのだが目のところが大きく開き、猫の目のような形をしているところからそう呼ばれている。そのほかにアバラにパックを食らった反省から体に着ける防具を新調。これで俺の欲しかったゴーリー用品がすべてそろったことになる。完全形態のKATSUがどのような活躍を見せるかは今日のホッケーの練習で明らかになるだろう。